blog5a.gif

blog5ab.gif

blog5b.gif

blog5v.gif

blog5t.gif

blog5c.gif
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------
s03_6.gif
スポンサー広告|Trackbacks(-)|Voice(-)

pes1.jpg




「・・・ねえおとうさん、あたしたちこっからどこ行くんだろうねえ」
「下流。」






Going down the river, Saitama pref.
スポンサーサイト

nk10sml.jpg



古い観光地でも意外に英語が目立つところって、ある。
新参の観光地との違いはその英語がほんとの非日本語使用者向け
だということだ。
だからTシャツやマグカップにプリントされた意味不明な英語
のような不気味ともいえるメッセージとはちょっと違う。

ちなみにアジアのところどころでは同じ使い方で日本語が
プリントされた服を着た人がときどきいる。
チベットのこどもは「ヒッコリーが今年の定番!」とプリントされた
ズボンをはいていた。




mnw04.jpg






同潤会アパート・・・知っている人にはいまさら説明不要だけど、参考にこれでも。

この4回で取り上げたのは下町に残る数少ない同潤会アパートのひとつ。
でもごらんのとおりほとんど廃墟化しているこの建物は
すでに解体、マンションへの建替えが決定している。
実物を見ると「これじゃ仕方がないな」と一目で感じてしまう。
死んでいってる建築のオーラが周囲一帯に立ち込めている。
とりあえずできるのは・・・見送ることくらい?







This apartment house was built as a public welfare for the people who suffered
disastrous earthquake in 1920s.Now it is going to be distracted, Tokyo




mnw03.jpg










つづき。
こんなぼろいビルだけど実は有名だ。僕が撮影しているときも
若いカップルが同じように撮りに来ていた。
もっともノリノリなのは男だけで、女の子は「なに・・・これ」みたいな
雰囲気を全身から発していた。
無理もないや。



This rotten building is well-known among architecture lover, Tokyo.
mnw01.jpg




つづき。
場所は都電の終点の近く。

mnw02.jpg












なんとも陰気くさい写真で申し訳ございません。
しかしこれがコンクリート建築の末路なのだ。
築約80年。100年もたないんだね。
でも考えてみると、日本では寿命がまっとうできる建築はすくないんだから
こいつはむしろ幸せってこと?



Rotten concrete building, downtown Tokyo.
escalate-2.jpg




前の更新から、また思い切りあいちゃったなあ・・・
これなんかいつ撮ったやつ?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。