FC2ブログ

blog5a.gif

blog5ab.gif

blog5b.gif

blog5v.gif

blog5t.gif

blog5c.gif

06041903.jpg


ここは工業地帯のなかでは古いほう。
埋立地の工業団地なのに道は路地のように細めで
急な角をなかなか曲がれないトラックが列になっていたりする。
そんななかにできた真新しいプラント。
今はメカぽいっが、そのうち全身どどめ色になることは確実だ。



Newly consructed plant between old factories, Kanagawa.
スポンサーサイト




06041106.jpg


石油の精製プラント。
奥にはガントリークレーンみたいのが見える。
どこから見ているかというと、こういうものとはわりと対極の場所。
でもたまにどちらも好きな人がいる。



Oil refining plant, Kanagawa.


06041110.jpg


埠頭に面した倉庫。
こういうタイプは上屋というらしい。前に他のBlogのひとに教えてもらった。
このクレーンは支柱が地面までとどいていてまた独特だ。
たぶん扱う荷物がかなり重量物なんだろう。
ジャミラ体型ともいえる。




A warehouse to stock unloaded cargo, port of Yokohama.

060411051.jpg



はしけ。
船を係留するこのきのこ状のものは<ビット>。
正直、そんな名前だとは今日のきょうまで・・・
この一本の役割はあまりに重い。


Barge anchorage area,port of Yokohama.

060411072.jpg


なかには新しい塔もあるだろうけど、
何十年まえの写真といわれてもわからないんじゃないだろうか。
けしきの中にまったく「今っぽさ」はない。
そういうものと無関係に日々つづいていく世界もある。




Same factory as in previous entry, Kanagawa.

060411081.jpg





Chemical factory, Kanagawa.



060411082.jpg



はしけ。
ここははしけ溜まりだったのだ。



A barge, port of Yokohama.
ir02.jpg





前のコメント欄にもちょっと書いたけれど、
この島の炭鉱の歴史はかなりディープだ。
炭鉱といっても時期や場所によっていろいろだろうけど、
実際どんな世界だったのか想像するのはむずかしいし、たぶん想像以上だろう。

いま、ここは観光船に乗って川をさかのぼり、そこから何十分か歩けば
見に行くことができる場所だ。

これは当時使っていた船のエンジンらしい。
よどんだ水に半分つかって、まわりの植物とおなじ色になっている。




iri01.jpg



An old motor possibly for boat, near a ruined coal mine, Okinawa.

iri05.jpg


ちょっとブレてしまったけど、ガジュマルの木。
ガジュマルの木は他の木などをみつけるとはいあがって、それを根でしめつける。
根はやがて癒着しあってネットのようになり、最後にはその木をしめころしてしまう。

でもおおきくそだったガジュマルは、また他の植物の生きる場所になったりもする。

レンガの廃墟にからみついてここの主になったガジュマル。
ものすごい広さに根がひろがっていた。


iri03.jpg



A huge Ficus Microcarpa holdinig ruined brick pillar so tightly, remote island, Okinawa.
iri06.jpg


炭鉱。

沖縄から飛行機と船を乗り継いだ離島のかたすみ。
戦前に最盛期をむかえたこの炭鉱には、あちこちから集められた
労働者のちょっとした町ができていた。
もちろん、いまでは町のなごりはほとんどわからない。
上の写真はたぶんトロッコかなにかの橋を支えていた橋脚だ。


亜熱帯の島では植物のパワーはほとんど暴力的だ。
放置されて数十年たつと、もうあたりは密林の中になっていて、
巨大なガジュマルの木がぬしのようにまんなかに枝をひろげている。


iri04.jpg



Abandoned coal mine in dense sub-tropical rain forest, remote island in Okinawa.


hy03.jpg




An asphalt paver, Kanagawa


hy02.jpg



06022103.jpg


前のエントリーにもでていた河口ちかくの釣宿。
そのさんばしのひとつ。
こうして見るとしめなわでも掛かったご神木ふうだけれど、
じっさいはだよんだよんとしなるただの渡り板だ。




A boardwalk leads to fishing boats, Tokyo.