blog5a.gif

blog5ab.gif

blog5b.gif

blog5v.gif

blog5t.gif

blog5c.gif
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------
s03_6.gif
スポンサー広告|Trackbacks(-)|Voice(-)
05122702.jpg
世間はどんどん変わる。
東京に生まれるとなつかしい景色があっというまに失われることに慣れる。
知らないところから来ただれかがしらない間にそうしてしまう。

いちいちセンチメンタルになっていたらもたない、
そんなところに長く住むひとびとは喪失感をじょうずにやりすごす、すべを身につけるようになる。

場合によってはそれを洗練と呼んだりもする。



old building sees quietly its neighbor going, Tokyo
スポンサーサイト
05122107.jpg
水辺つづき。
最近まとめてリニューアルされたJRの駅。
駅の中にはレストランやなぜかオシャレ眼鏡屋があり、
駅のとなりにはなぜかいま“ニューヨーク”をキーワードにしたレストランフロア。
襟の高いシャツを着込んだ勤め人たちが、デザインされたグリーンゾーンを見下ろしながら
こぎれいなオフィスビルのなかを高々と上がっていく。
そこから5分歩けばこんな原始的な丸太の桟橋の船だまり。
だからトウキョウなんだけど。

05122109.jpg



5minutes walk from newly constructed hyper-modern building complex
next to a big railway station,
you can see such a vernercular waterside scenery, Tokyo.


boat3.jpg
舟ですごすことを夢見ていたらこれを思い出した。
前にも同じ被写体でUPしてるんだけど、まあいいじゃないか。

船が庭。
ガーデンレストラン(でも船上)なんて素敵すぎる。
どこでも浜離宮感覚ですか。
木々に囲まれた芝生の上でビール。背景だけ航海士の気分で変わる。
ところで、動くのか。この船。



An ideal floating garden, Amsterdam.
05112603.jpg
舟、欲しいね。
リッチメンがハーバーに置く(とか河口に違法係留する)ようなプレジャーボートより、
東京や横浜の河口に浮いているこんな舟がいい。
船室を派手なソファーやらランプやらでゴージャス&ちょい悪趣味に飾り立てて
マラッカ海峡あたりの海賊のように強烈なエンジンを押し込んで・・・
積む酒はやっぱりジャマイカ系のラムか。


A boat on a river, Yokohama.

横浜にある古いビル。
ビルというのはお化粧を新しくしてしまうと年がわからないことがあって、
裏の部屋に行くと突然古臭い元の部分が顔を出してこんなに古かったのかー 
とわかったりする。
デパートは意外に古い建物を使い続けていることが多いけど、なぜだろう。





In a old building, Yokohama.


imagepernatare.jpg

さて、と。 そんな日ですよね、今日は。
こんな日にここを覗いてみてくれたみなさんにもよい夜が訪れますように。


Buon natare, tutti.
IMG_0272.jpg
「ダブルリンク式引き込みクレーン」。
だいじなことはダブルリンク式で、しかも引き込んでいるということだ。
たぶんまちがいない。



A "doubule linked horizontal motion crane".
Who know its name? Kanagawa pref.

05120811.jpg
タイヤ倉庫のクレーン。


A crane on top of a warehouse, Yokohama.

05101319.jpg
下水の汚泥燃焼プラント。



At sewage treatment plants、probably it is an incinerator, Kanagawa.

05120805.jpg
んー 妙にまとまりがある配置。
ひょっとして狙いか?



At port of Yokohama.

05120307.jpg
知り合いが出資しているBarがオープン1周年のパーティーをやっていたので
ちらっと顔を出してきた。
来年にはWineBarを出すというはなし。
本業は勤め人だけど、たぶんハートは完全にそっちへ行っている。
その前に出ていたのが「数字」「本年にも増して」「お手を拝借」的世界の
仕事関係忘年会だったので、ちょっと落差がおおきくめまいがした。


それにしても大江戸線の六本木駅のブラック&ゴールドの内装って、
やっぱり「ゴージャス感」とかいうキーワードが飛び交いつつ決まったんだろうか。
それと「国際都市=伝統的蒔絵の美」とか、そのあたりか。
かつてのお立ち台的世界の内装と共通するものを感じてしょうがないんだけど。



At Yokohama Station.
05120815.jpg
倉庫。
これは保税倉庫といって、海外から到着して
まだ関税が支払われていない状態の荷物を置いておく場所。
このナンバーは海側に(つまり船に)見せるためのものだ。



A warehouse in bonded area, Yokohama.
05120802.jpg
フォークリフト。埠頭の倉庫の前。



A falklift in front of a warehouse on a pier, port of Yokohama.

05120808.jpg
バスの中というのも、走る場所によってやけにものさびしい空間になるときがある。



Get on the bus, Yokohama.



05120817.jpg




051208161.jpg


横浜。


At some exhibition, Yokohama.
bw03.jpg
セメント系タンク。





Tanks containing material for cement, Yokohama.
bw01.jpg
移動式クレーン。しかし彼に許されている移動の距離はあまりにも限られている。
ふと思いつくありがちな絵本のプロット。

  毎日ぶあいそうな貨物船あいてに荷物をつるのにうんざりした
  クレーンは、レールをとびこえてあこがれの街にでました
  ・・・で、いろいろあって
 (自慢のアームで誰かを助けたりとかこどもとふれあったりとか)
  けっきょく住みなれた港のレールの上にもどりました
  いまはにこにこしながら荷物をつりあげています

・・・パクリではない(はず)。でも、
あまりにもデジャヴではある。



A crane which probably suspends cement, port of Yokohama.
bw02.jpg
配管の色の落ち方はレンズ豆かなにか、
ある種の乾燥した豆を思いださせる。
セメント系の埠頭。




At port of Yokohama.
bw04.jpg






Yokohama city.
05112604.jpg
存在理由は不明。 
埠頭に5-6箇所ならんでいた。
このひさしといい、まじめな理由がもちろんあるのだろう。



Portside, Yokohama city.

hae05.jpg
つづき。奇妙です。西表島の浜辺。




At Iriomote island, Okinawa pref.
hae02.jpg
今回は番外編。
よく見ているblogで高知県の海岸にある不思議な形の砂岩が紹介されていて
ちょっと気に入ってしまったので、コール&レスポンス式にこっちでも紹介してみる。


hae01.jpg
砂岩というのはこういうなんともいえない形に侵食されることがあるみたいだ。
とはいってもこんな形はそうそう見かけない。この島でもここにしかなかった。
妙ですね。しかも明日に続くのである。




Sandstone, weathered for a long long time to be ... something like organism, Iriomote island, Okinawa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。